06/13のツイートまとめ

jam52707

前回のヒートが終わって3ヶ月が過ぎました。次回のヒートには交配する予定です。産まれるまでにはまだ半年😩早くティンクの赤ちゃんが見たいな。 https://t.co/0qC32PU7Bo
06-13 04:46

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ジャーマンピンシャーの赤ちゃん

産まれましたら譲って頂くことは可能でしょうか?

大体の金額で良いので教えて頂けますでしょうか?

宜しくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
ごあいさつ
日本ではまだ飼育頭数が極端に少なく、ジャーマンピンシャーと言う犬種がいることをご存知ない方も多くいらっしゃる事と思います。 ジャーマンピンシャーの素晴らしさを皆さんに知っていただくとともに、ジャーマンピンシャーの繁殖をおこなって行きますのでよろしくお願いします。
ジャーマンピンシャー
1 ジャーマン・ピンシャーはミニチュア・ピンシャーとドーベルマンの先祖にもなった犬種です。 時に本種はミニチュア・ドーベルマン・ピンシャーと呼ばれることもあるりますが、これは大きな誤りです。 なぜなら、犬種にサイズ階級の名前をつけるときは、先に生まれ た品種、つまり原種の方を基準として子孫種のサイズを比較した名前をつけることがルールとなっているためです。 それゆえ、実際のところはドーベルマンの方が本種から生まれた子孫であるため、そちらをジャイアント・ピンシャーと呼ぶ方が理にかなっている、ともいうことが出来ます。 ただし、ドーベルマンをその名で呼ぶものは誰も居らず、あくまでジャーマン・ピンシャーをミニチュア・ドーベルマン・ピンシャーと呼ぶのがおかしい、ということを示すためのことでなので、本当の別名だと思って混同しないよう注意が必要です。         2 第二次世界大戦が起こった際には戦禍を大きく被って頭数が激減し、ほぼ絶滅の状態に陥りました。 しかし、1958年になると西ドイツで再生プロジェクトが発足し、4頭のオーバーサイズのミニチュア・ ピンシャーと、クラブのメンバーが東ドイツから命がけで密輸した1頭の純血のジャーマン・ピン シャーの計5頭を基礎として交配させることで犬種として復活することが出来ました。 現在のジャーマン・ピンシャーは全てこの5頭の血筋です。          3 体高45〜50cm、体重11〜16kgの中型犬で、性格は陽気で従順で遊ぶことが大好きです。 家族には優しく慣れっこく、それ以外の人や犬も、家族に対して友好的な態度をとる者であれば仲良く接します。 ただし、シャギーコート(むく毛)の小型犬や齧歯目の動物を見ると狩猟本能の引き鉄を引かれるので、一緒にするべきではありません。 寒さにはあまり強くないので、寒い日や冬季の散歩の際には洋服を着せることを推薦します。 運動量は多めで、かかりやすい病気は運動のし過ぎによる関節系の疾患などがあります。
連絡先
〒010−0003       秋田市東通1−20−30    メール hiroshi964c2@gmail.com   TEL 090−4889−2944
最新記事
月別アーカイブ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR